家とつなげてたっぷり実験

もののとけ方

実践のウリ

 もののとけ方の学習では、どうしても実験時間が長くなり、予想や考察まとめの時間がとりにくくなることがあります。一方、あわただしく実験を行っても満足な結果が得られず、学びが思うように深まらないと感じる事があるのではないでしょうか。
 そこで、実験結果から個人で考察することや、次の課題に対する予想などをgoogleフォームを活用し、自宅で行うことでじっくり自己の学びを振り返る時間を確保するとともに、学校で落ち着いて実験に取り組む時間を確保する事もできました。