知ってる 載ってる 話してわかる

わたしたちの県-九谷焼をつくるまち・能美市ー

実践のウリ

 課題について,予想の段階からわかっていたこと,調べてわかったこと,友達との交流でわかったことを区別するために色分けさせました。資料からわかることがある一方で,友達と交流したからこそわかることもあります。今回は〈九谷焼とはどのようなものか〉という課題で学習しました。緑で囲まれた友達との交流からわかったことには,子供の実体験から知っている情報が書かれています。これらは資料からは得られない情報であり,子供は友達と交流する意味を感じていました。